9月採卵ブリ、挑戦中!

こんにちは!

 

浦ノ内養魚場では、9月に採卵したブリの生産を試験的に行っています。

 

9月にブリの稚魚??と思われるかもしれませんが、水槽内で親魚の成熟をコントロールすることで、通常とは違う時期に採卵することができます。

そして、種苗の生産時期が多様になるほど、成魚出荷の時期も幅広くなり、ブリを周年・かつ安定的に消費者のもとへ提供できる可能性が生まれます。

 

今回は、その稚魚の水槽内での選別作業についてお伝えします!

 

ブリはある程度大きくなると『共食い』を始めます。これが、歩留まりの低下やサイズ差を助長する原因になるため、大きさに応じて選別する必要があります。

↑共食いの様子

 

大小に選別した稚魚は、それぞれ新しい水槽へ収容するのですが、その際に尾数のカウントも行います。

尾数を把握することで、より正確に給餌量と成長等の比較ができるため、データを分析しやすくなります。

 

選別後は新しい水槽で快適そうに遊泳していました☆

 

 

それでは、次回の更新もお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

TOP

工作機械メーカーなのに稚魚も育てています。マダイ・シマアジの養殖用種苗は『山崎技研』