生物分解槽の洗浄

こんにちは!

 

今回は、生物分解槽の洗浄について紹介します!

昨年のブログにも書きましたので、また『生物分解槽の洗浄』もご覧ください(^^)

 

生物分解槽、普段はこんな感じです。

写真の左奥の方から水槽の排水が流れ込んでくる構造で、私たちはジグザグ槽とも呼んでいます。

 

さて、この分解槽を洗浄するためには、まずは底に溜まった沈殿物を分解する必要があります!そこで、環境を浄化するための微生物を投入します。

 

2ヶ月程度経つと、沈殿物が分解され水も浄化されます。いよいよ最後の仕上げです!

底面にこびりついた汚れをブラシで落とすのですが、結構体力がいりそうです!!

 

担当した社員:

「においも多少することもあり大変なんですが、年に一度しかない掃除のチャンスなので、徹底的にやっています」

 

その甲斐あって、この日の午後にはキレイな分解槽になっていました!

 

それでは、次回の更新もお楽しみに~!

 

 

 

 

TOP

工作機械メーカーなのに稚魚も育てています。マダイ・シマアジの養殖用種苗は『山崎技研』