春仔マダイ沖出し

こんにちは!

浦ノ内養魚場では、春仔マダイの沖出しが始まっています!

 

“沖出し”は、これまでの近況報告でも度々登場している作業ですが、水槽で飼育してきた稚魚を、ホースを使って海の生簀へ出すことです。

 

マダイの場合、秋仔は船を使って柏島へ、春仔は浦ノ内漁場の生簀へ直接収容します。

 

秋仔マダイの沖出しはコチラ!

 

 

この日は天気もよく、沖出し日和。

 

稚魚はというと、

まずはホースに入って…

 

尾数を数えるためのカウンターを通過し、

 

生簀の中へ!

 

このあとは、飼育管理を担当してくれる地元の方に協力していただきながら、一緒に育てていきます。

 

これから沖出しがすすめば、やがて浦ノ内漁場は小さな稚魚が育つ生簀でいっぱいとなり、本格的な春仔出荷シーズンを迎えます!

 

それでは、次回の更新もお楽しみに!

TOP

工作機械メーカーなのに稚魚も育てています。マダイ・シマアジの養殖用種苗は『山崎技研』