沖小割よりマダイ親魚の選別

こんにちは!すっかり寒くなりましたね!

 

さて、来年の春仔生産に向けたマダイの親魚選抜については前回のブログで書きましたが、今回は選んだ親魚を小割から選り出す作業についてお伝えします!

 

 

小割から1尾ずつ取り出しPITタグの番号を読み取ると、その個体情報がパソコン上に表示されるようにしています。生産に使用する親魚が出てきた時は、改めて形質を確認するなどの最終チェックを行います。

 

 

このようにして選り出した親魚は、来週中にでもビニール製のバッグに1尾ずつ海水と共に入れて、バケツリレーならぬ『バッグリレー』で陸上水槽まで運び入れます。年々社員の加齢が進み(笑)、身体的に非常にキツイ作業ですが、それは運ばれる親魚も同じ・・・。頑張りたいと思います!

 

それでは、次回の更新もお楽しみに!

TOP

工作機械メーカーなのに稚魚も育てています。マダイ・シマアジの養殖用種苗は『山崎技研』