マダイ親魚の選抜

こんにちは!

研究開発室では来年の春仔生産に向けた親魚の選抜を行っています。

 

 

 

採卵するための親にはできるだけ優秀な個体を選抜したいもの。そこで、全ての親魚に個体識別用のPITタグを打ち込んで養成を行っており、各個体の鰭から採取したDNAを用いて遺伝情報も解析しています。他にも体色や体型、個体ごとのサイズなど様々なデータを用いて総合的に判断し、一尾一尾より良い親魚を選んでいます。

 

 

選抜した親魚は、12月中に浦ノ内湾の小割から陸上の親魚水槽へ収容予定です!

TOP

工作機械メーカーなのに稚魚も育てています。マダイ・シマアジの養殖用種苗は『山崎技研』