魚供養祭

こんにちは。

今回は9月25日に執り行いました魚供養祭の様子をお伝えします。

弊社では1年に一度、生産過程で死んでしまった稚魚や親魚の命を弔うために、浦ノ内養魚場にて魚供養祭を執り行っています。『この海よ 魚で満ちよ』と彫られた供養碑の前で行います。

 

玉串の捧げ方には、受け取り、奉奠、二礼、二拍手、一礼という順番と作法があり、若手社員は先輩方の様子を見て順番を待ちます。

 

 

また、その後には事務所にて社員の健康と安全を祈願してもらうための社内祭も執り行いました。

午後からはこの1年間の振り返りのための会議を行い、反省点や改善点、次の1年の目標などについてしっかり話し合いました。

 

次の1年もこのメンバーで頑張っていくぞという意味も込めて、集合写真を撮影しました。今後も各部署が連携し合い、お客様に良い稚魚をお届けできるように邁進していきたいと思います!

 

それでは、次の更新もお楽しみに!

TOP

工作機械メーカーなのに稚魚も育てています。マダイ・シマアジの養殖用種苗は『山崎技研』