品質基準

工作機械メーカーなのに稚魚も育てています。タイ・シマアジの養殖用種苗は『山崎技研』

rogo.png

span class="img">_MG_7959_2.jpg

bar.jpgtop.jpgbar.jpgaisatsu.jpgbar.jpgzigyobu.jpgbar.jpgsyohin.jpgbar.jpgkinkyo.jpgbar.jpgsigoto.jpgbar.jpglink.jpgbar.jpg

HOME > 商品のこだわり > 品質基準

不合格品あれこれ

稚魚は生き物ですので,生産工程にてどうしても変形(形態異常)が発生します。
弊社では飼育時に変形が少なくなるように工程を工夫するほか,最終的に複数の人の目で確認し,出荷前に取り除きます。
代表的な変形をピックアップしてみました。
クリックすると大きくなります。

出荷稚魚出荷稚魚

寸詰まり(ダルマ型)寸詰まり(ダルマ型)
尾あがり尾上がり
鰓蓋欠け鰓蓋欠け
側線切れ側線切れ
背中凹み背中凹み
体高高い体高高い
色黒い色黒い
色素異常色素異常
下顎長い下顎長い
頭ひしゃげ頭ひしゃげ
下顎短い下顎短い
デコチンデコチン
腹水腹水
滑走細菌症の痕跡滑走細菌症の痕跡
頭上向き頭上向き
目小さい目小さい
尾鰭二股尾鰭二股
瑠璃班異常瑠璃班異常
正常正常
カラスロカラスロ

供養祭

供養祭供養祭

「変形」というと一般の消費者の方には,養殖魚はやはり変形が多いと思われるかもしれませんし,命のあるものを殺すのは残酷だとも思われるかもしれません。
しかし,養殖のイメージが昔のような「変形=奇形(危ないもの)」と思われないように変形を取り除く必要がありますし,「かわいそう」と思うのは大事に飼ってきた私たちも同様です。
弊社では年に1回,神事を執り行い,一年間に亡くなった命を供養しています。
また,変形が少しでも少なくなるように,最新の技術を導入して,さらにより良い稚魚を作る研究も行っています。