秋仔マダイの様子

こんにちは!

浦ノ内養魚場では、秋仔マダイの生産が始まっています!

 

↑ 孵化後30日目を過ぎた稚魚。少しマダイらしくなってきています!

 

生産が始まると、とにかく水槽の仔稚魚の状態が気になるところ。

そこで、毎日朝一番に水槽から仔稚魚をサンプリングしてきて、顕微鏡で観察します。

 

倍率を変えながら、内臓の様子や摂餌量、消化の状態などを詳しくチェック。

慣れた手つきで慎重かつスピーディに観察していきます。

 

この日は観察用として4水槽分のビーカーが待機していました。

 

もう少しすれば第一弾が沖出しです!

 

それでは、次回の更新もお楽しみに~!

TOP

工作機械メーカーなのに稚魚も育てています。マダイ・シマアジの養殖用種苗は『山崎技研』