研究

工作機械メーカーなのに稚魚も育てています。タイ・シマアジの養殖用種苗は『山崎技研』

rogo.png

優良な形質の選抜

研究風景人の目でみて,『色がキレイ』『形が良い』外観的形質や『成長が良い』『病気に強い』といった形質は遺伝子に要因があることが,近年,農業や畜産の分野で研究されています。そして,それらの優良な遺伝子を持つものを親として選び出し,掛け合わせることで『遺伝子組換えではない』品種改良方法として実用されています。

研究風景2そこで,弊社はその技術を魚類に応用し,これまで職人の目で行ってきた親魚選抜に科学の手法を導入し,さらにより良い稚魚を作る研究を行っています。

魚病診断

研究風景3魚病診断を行うことで,適切で迅速な処置が出来るように研究を続けています。
診断を行った後,各疾病と遺伝子との相互関係を追及することで,耐病性系統の作出も試みています。

研究風景4また,PCR法をもちいた種苗生産過程で問題となるVNN(大量斃死を引き起こすウィルスの一種)の診断も独自で行い,迅速に対応することで,安定した種苗の生産を可能としています。